忍者ブログ
 
 
おはようございます。

この1か月は色々ありました

「森のキュイジーヌ」管理人のいぬがみです。


もうすぐ出勤なので手短にブログを書きます。

この1か月(私が2015年4月までいた花巻ホテルへの出張)は私にとって非常に困難な時期でした。物理的に仕事はキツいし、心から人を信じることができないし。共に働く仲間なのに、何でも話せないというのはつらいものがあります。

「自分が目の前の人に話したことは、ほかのすべての人にも伝わる」

そういう前提で言葉を選んでいるので、なかなかあけっぴろげな話ができないんですよね。


一方で、11月から日本に来ているうちの嫁さんと同居できるのはよいことです。生活の便宜上、今は花巻にある伯母夫婦のところに居候しながら日本語の勉強をしているので、十和田ホテルに勤める私とは離れ離れになっていたのですね。それが、毎日一緒にご飯を食べたり話したりすることができるのは、よいことです。ただし12月初旬から今月下旬まで中国に帰省中であり、嫁さんが帰ってくる頃には十和田に戻らなければいけないんですけどね(ガクッ)。


ずっと憧れていた結婚生活というのは、なるほど、なかなか難しいものです。ただ、よい方に考えれば、自堕落の極みのような生活をしていた私にとっては真人間へと更生する機会を与えられたのだと思います。

嘘をつかない。酒を飲みすぎない。身だしなみをきちんとする。部屋を片付ける。当たり前のことばかりです。そういうのを、まあ実家暮らしが長かったこともあり、きちんとできないまま結婚してしまったので、なかなか苦労しています。

ちなみに私が嫁さんについた嘘というのは、「翌日仕事の日はお酒を飲むな」と言われたのにビールを飲みまくったのに、それを「飲んでいない」と言ったことです。えれぇ怒られました。そして、

「あなた、誠実であれ」

といった意味合いのことを言われました。誠実。すなわち誠一文字であり、新選組であり、土方さんです。その言葉を言われた時、私はすごくショックを受けました。堕落しきった私の心に、和泉守兼定をすらりと構えた土方さんの姿がフラッシュバックし、一気に目が覚めた気がしました。

そう思ったとたん、何となく心の中に降り積もっていたモヤモヤが軽くなった気がしました。フワッと一陣のさわやかな風が流れ込んだというか(これはそのまま土方さんの人物評でもあります。証拠は函館奉行所にあります)。


さて、そろそろ出勤時間なので、締めくくります。

職場が変わろうとパートナーができようと、やはり私の目標は土方さんなんです。常にかっこよくありたい。さわやかな風を感じていたい。

「士道に背く間敷事」

道を誤りそうになったら、その言葉を思い出して、今日も生きていきます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
かつて、とある戦場カメラマンは「こんなのニュースになりっこない」と思いながら、ありふれた日常風景をフィルムに収めていたと言います。それは非日常的な世界を追いすぎるあまり糸の切れた凧のようになりかねない自分をつなぎとめ、取り戻す作業であったと言います。
           
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
37
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
職業:
一応、給与取得者
趣味:
ドライブ・アニメ・ゲーム
自己紹介:
 岩手県に生まれ、岩手県に育ち、岩手県に住む、純粋いわてっ子です。これからも岩手に生き、岩手の人たちのために頑張っていきたいと思います。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


Designed by Pepe