忍者ブログ
 
 
「この世界の片隅で」をレイトショーで見てきました。

ずっと前に録画していたNHKの戦後70年スペシャルドラマ「一番電車が走った」を見ました。

酒をのみまくりました。


無条件降伏です。

私は全てを受け入れます。

世界平和に花束を。ダスビダーニャ、スネゴバ!
PR
こんにちは

ついにPCの電源がいっさい入らなくなった

犬神です


現在この記事は実家で、スマホ+Bluetoothキーボードを利用して作成しています。

こうなればいよいよ現役ウィンドウズPCを買わなくちゃいけないのかもしれませんが、正直なところこの時期は超絶閑散期のため収入減。そのくせ各方面への無心の対応、ディナーショーへの出席(今回はお客さんとして出席なのです)等々、中型出費が続々。

あまり懐が寒いという話はしたくないのですが、相当厳しいものがあります。いや、もっともっと本格的に緊縮財政策をしけばいいのですが、その・・・やっぱりサービススタッフとしてね。「芸のためなら女房も泣かす」といえば浪速の春団治ですが、心を磨くためには、そういうのを惜しんじゃいけないような思いもあるのでね。

すいません、ついつい、普段誰彼にいえない御託を並べてしまいました。ここからはちょっと話題を変えます。


一日一日を「今日はどこそこで何人の宴会があったっけ、準備が大変だなあ」というスケールで過ごしていると、つい季節の移り変わりに気づかず「えっ、もう年末!?」と衝撃を受けてしまいます。

別に盆も正月も関係ないと言えば関係ないのですが、せっかく四季があって、しかも自然豊かな立地(ただ山奥なだけだろ←昔の両さん風ツッコミ)ですからね。こうやって時間があるときばかりも、そういうのを感じたいものです。

また、こうして時間があるのだから、今までの自分のしてきたことを振り返ったり、これからどう振る舞うべきか? というのを考えたりするのもいいでしょう。こうしてブログを書く時間も、もう少し出来るかもしれません。
久々にカメラの話題を書きます。

こないだついに憧れのカメラ・ペンタックスSPを手に入れたという話をしましたが、こないだの日曜日にハードオフに行ったところ、そのペンタックスSPの「標準レンズ」としてリリースされたSMCタクマー55mm f1.8レンズが売られていたのでこれを購入してきました。

カメラ本体を買った時に付いてきたフジノンレンズに不満があろうはずはないのですが、やっぱり「標準レンズ」にこだわりたいという思いがあったのでね。良くも悪くも「標準」が何なのか? を確かめてみたいと思います。


・・・ちなみにこの前に、とりあえず家に余っていた7年くらい前のフィルムを使って試し撮りをし、現像に持って行ったところ「未露光」のため現像代だけ取られるという大失敗がありました。これが今回のメイン話題です。


未露光・・・これは元写真部でありながら、全く意味が分かりませんでした。「フィルムが古すぎて感光材が無くなってたんだ」とか「実はカメラ本体が故障していたんじゃ?」とか色々と疑ってみましたが、どうも単純に「フィルムがちゃんと巻き取られてなかったんじゃないの?」ということだったみたいです。2時間ドラマで言えば、勝手な憶測で無実の人を犯人に仕立て上げようとするバカ刑事のようなものです。

フィルムをちゃんとセットできない。もう露光がどうとか構図がどうとかいう次元じゃありませんよ。元写真部のくせして、そんな基本中の基本も出来ないの? という話です。ある意味、恥ずかしくて認めたくないということだったのかもしれません。

でもフィルムを疑っても仕方がないし、ましてやカメラ本体を疑うわけには行きません(旭光学様と買ったお店と前のユーザーさんを侮辱し、大金を支払った私の出費が無駄になってしまうから)。仕方がないので恥をしのんでYahoo知恵袋も参照し、

「フィルムの端っこを細いスリットに差し込む」

という一手間を加えることを覚えた私。ふたを開けたまま、ちゃんと巻き取りがされていることを確認しました。これで今度は大丈夫でしょう。


考えてみれば私が初めて触った一眼レフ(EOS650)も自分で買った機種(αスイート)も、ある程度テキトーにセットすればモーターでウイーンカッシャンと準備してくれるものでしたからね。とりあえず露光計以外全部マニュアル式のカメラの、最初の洗礼といったところでしょうか。


とりあえず、一本。まずはどんな写真が撮れるのか、試してみたいと思います。
日毎寒さが増していく今日この頃、みなさた。まいかがお過ごしでしょうか。

今日はレストランで仕事をしているとき、紅葉しきった葉がハラハラと落ちる様子を見ました。それは桜吹雪の秋バージョンといってもいいようなもので、来る冬を今から想像させるような、ちょっとした決定的瞬間でした。

その後、実家に帰る際あえて奥入瀬渓流と十和田湖の方を見ながら帰ってきたのですが、こちらもやはり晩秋も晩秋・・・ほとんど完全に落葉し、後はもう白い白い雪が降るのを待つだけです。ええ、これはザバダックの「光降る朝」です。

冬というのは寒いし滑るし何だかんだと面倒が多く、ともすればついネガティブなイメージばかりが浮かんでしまうのですが、しかしながらこうしてリアルタイムに季節が移り変わるのをみると、なぜか雪が降るのがちょっとだけ楽しみになってきました。

もとより四季があるのが日本のいいところ。冬もネガティブなことだけじゃなく、その美しさとかを好きになれれば、きっともっと楽しくなるのかなと思います。


季節を愛し、土地を愛す。34年近く岩手で過ごしてきた私にとって、初めて迎える青森の冬。雪質とかもたぶん違うんでしょうから、果たして生き延びられるかどうか・・・それこそ映画の「八甲田山」みたいにならないかどうか、ちょっと心配です。

でも、冬も好きになりたいし、冬の十和田を好きになりたいと思います。そうすればきっと、この仕事ももっと好きになれると思うから。
小説の方の餓狼伝を読みたくて「小説宝石」を手に取り、名前がないので「また休載か」とため息をついた私。ええ、「小説推理」ですよね餓狼伝はね。

でも、そうした間違いがあったから乾ルカの短編を読むことができたのだから、これも縁というものでしょうか。


「私の瞳の中を見て? 本当に、中よ」

幼なじみの女の子がする不思議な行動。ずっと気になっていた彼に打ち明けた秘密とは。

まあ上手にあらすじを説明することはできませんが、つい立ち読みで最後まで読んでしまいました。乾ルカ先生といえば女子スキージャンプ競技に打ち込む少年少女を描いた「向かい風で飛べ!」で少々好きになっていたのでね。今回もしっかり読みました。

そして最後まで読み終わって、心がふわりと軽くなるような感じがしました。映画を見終わって場内の明かりがまた戻ってきた時のような。

乾ルカ先生の短編ひとつのために買うには少々ヘビーすぎたので、そのまま本を戻してしまいましたが、ともあれ間違いから生まれた出会いが面白かったので記事を書きました。そしてまた少し乾ルカ先生の世界が好きになりました。
今日もいつもと変わらず…いや強いて言えばいつもよりも忙しく、いつもよりもたくさん怒られ、いつ辞めたっていいしねとケンドーカシンの物まねでうそぶく…

そんなおおみそかです。いぬがみです(連続勤務記録更新中)それでも今日はコインランドリーに行ったり紅白をラジオで聴きながらご飯を食べたりする時間があるのでまだマシですが。

そして明日も早いので、年が改まる前に寝てしまうと思うのですが、一応今年最後のブログを更新させていただきます。

といっても、今年を振り返って…なんていうことをするつもりはありません。心身ともにすっかり弱り切って、振り返るのもつらいからです。

まあ、それでもね。自分からケツを割るような真似は絶対にしたくないのでね。どんなに理不尽なことで怒られようとも何とかしのいでいきたいと思います。

ともあれみなさまにとっては、来年はよい1年でありますように。今年一年ありがとうございました。
自分へのクリスマスプレゼントには、Crarisの3rdアルバムを買いました。ずっとほしいと思っていたので、いい機会かなと思った次第です。

ただ、寮の私の部屋にはCDプレイヤーが存在しないことを思い出しました。やれやれだぜ。


あと、これはクリスマスプレゼントとはちょっと違うんですが、時計を買いました。CITIZENの「セブンスターデラックス」という時計です。予告していたとおり完全にメカニカルな時計です。

製造年もちゃんと刻印されています。それによると1968年のモデルのようです。もはや半世紀近く前に作られた代物です。アンティークとか、そういう領域です。

しかしながら、自動巻き時計なのでね。実際に腕にはめないと時計としての役割を果たしてくれません。なので仕事に行くときもこうしてブログを書いているときも、身につけています。

価格はそれなりにしましたが、それでも4桁以内に収まりました。このあと定期的なオーバーホールをするたびに結構なコストがかかるのでしょうが、逆に言えば、そうやって丁寧なメンテナンスをし続ければきっと100年動き続けることでしょう。

時計が製造されて100年後というと2068年。そのころ私は、えっと、80代ですか。果たしてその頃私はどうなっているか、そして世界はどうなっているか。まあ想像はつきませんが、その時も相変わらず時計をつけていられるようにしたいなと思っています。


最後になりましたが、メリークリスマス。今年はひとりきりで、IBCのラジソンを聞きながら過ごします。でも、十分にクリスマスの雰囲気を楽しんでいます。ケーキもチキンも食べたし。
今日は朝6時から夜9時まで仕事をして、それから色々あってこの時間になっちゃいました。間もなく休むので短めの文章で済まさせていただきます。

「色々」というのは、ひとつには朝方からずーっと降り続けている雪です。この時間になっても一向に収まる気配はなく、なにやら話によると明日も一日中降りまくるそうです。一応タイヤはスタッドレスにしたものの、フロントガラスにつもった雪を払い落とそうとして傘を壊してしまいました。

よく「本来の目的以外に使用しないでください」という注意書きがありますが、まさにそういうことです。ゼロ少佐には申し訳ありませんが、やはり装備がないとダメです。

そんなわけで、明日は(って、あと10分ほどですが)対豪雪グッズをそろえたいと思います。
かつて、とある戦場カメラマンは「こんなのニュースになりっこない」と思いながら、ありふれた日常風景をフィルムに収めていたと言います。それは非日常的な世界を追いすぎるあまり糸の切れた凧のようになりかねない自分をつなぎとめ、取り戻す作業であったと言います。
           
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
職業:
一応、給与取得者
趣味:
ドライブ・アニメ・ゲーム
自己紹介:
 岩手県に生まれ、岩手県に育ち、岩手県に住む、純粋いわてっ子です。これからも岩手に生き、岩手の人たちのために頑張っていきたいと思います。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


Designed by Pepe