忍者ブログ
 
 
こんばんは。

 先日、納豆巻きを食べたら嫁がドン引き

 いぬがみです。


 私は納豆が結構好きで、確かに独特のにおいはあるものの、うん結構好きです。

 一方で、日本国内でも嫌いな人がいるのでね。海をまたいだ大陸出身の嫁からしてみれば、もはや人間の食い物とは思えない…と言われたわけではないのですが、「納豆!?」と言うなり顔をしかめ席を立たれてしまいました。たぶんそのくらい嫌いなんでしょう。今後、嫁の前で納豆は食べないようにしたいと思います。

 ちなみに「海苔」も、住まう地域によっては殺人的なにおいを放つようです。というか海苔のにおいが、あまりにも刺激的に感じられるのかな。中島らもさんのエッセイで読んだような気がしますが、確か中東の方で海苔の引っ付いた「おせんべい」を食べようとしたら、「お前、俺を殺す気か!?」とキレられた……そんなことがあったようです。

 
 さてフィクションの世界でも、納豆が嫌いなキャラクタというのはいます。

 ある一定の年齢以上のゲーマーにとって真っ先に思い付くのは「ガイル」ですね。

 アメリカ空軍少佐。非情を装いながら家族を愛する良き家庭人であります。好きなものはアメリカンコーヒー。愛車はシェルビーGT350(そうなの?)。ソニックブーでサーマソーです。

 そんな強さと格好良さを兼ね備え、実写版映画では見事! 主役として大活躍するガイルですが、弱点(というか苦手なもの)があります。

 それが納豆。

 それも、ただ納豆じゃないです。

 「にほんでリュウにくわされたなっとう」(初代Version)。

 日本でリュウに食わされた納豆。

 Oh my god ! terrible food ,natto !(ストIIでタイムオーバー負けになった時の格好で)


 ただ「納豆が嫌い」って言えばいいのに、わざわざ「リュウに食わされた」って言うあたり、よほど印象的な出来事だったのでしょう。それと同時に、いわゆる殺し合いではなく拳を交わすことによる交流があったのかな、という想像をします。元々リュウ自身がそういうものを求める人ですしね。

 そして戦いの後、「日本の特色ある食事をごちそうしてやるぜ!」とか言われて納豆を出され、

 「何だそれは」
 「いいから食ってみろって」
 「いや、だが……」
 「いいから、いいから!」
 パクッ

Oh, my goooooood !

 みたいなやり取りがあったのかな? などと想像しています。

 硬派なだけじゃなく家族思いのところ、意外な弱点があるところなど、色々含めて私はガイルが好きです。あと、納豆も好きです。嫁の前では食べないようにしますが。
PR
かつて、とある戦場カメラマンは「こんなのニュースになりっこない」と思いながら、ありふれた日常風景をフィルムに収めていたと言います。それは非日常的な世界を追いすぎるあまり糸の切れた凧のようになりかねない自分をつなぎとめ、取り戻す作業であったと言います。
           
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
職業:
一応、給与取得者
趣味:
ドライブ・アニメ・ゲーム
自己紹介:
 岩手県に生まれ、岩手県に育ち、岩手県に住む、純粋いわてっ子です。これからも岩手に生き、岩手の人たちのために頑張っていきたいと思います。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


Designed by Pepe