忍者ブログ
 
 
おはようございます。

 国道4号線で軽トラと湾岸ミッドナイト

 いぬがみです(勝負なし)。


 信号待ちからの発進で急加速、弾丸のように飛び出していったのは白い軽トラでした。

 まあ私のインプレッサも競争をする車ではないし、スタートダッシュでは絶対的に軽い向こうの方が有利でしょうから、いいんですが、中間加速でも引き離されていきます。私の速度計で60~70キロくらい出ていたのですが、それでもグイグイ離されていくので、たぶん100キロくらい出ていたんじゃないかなあ。

 競争をする車ではありませんが、私のインプレッサ、決して「遅い」車ではないと思います。少なくとも最大出力では絶対的に上ですから。……例えば地獄のチューナーと呼ばれた人がエンジンを見ているとか、所有者の昔のつてでレース用エンジンを搭載しているとか、そういうことじゃなければね。

 そう思って私も少々好戦的にアクセルを踏み込み、伸びる加速で追いついたものの、その瞬間に軽トラの野郎は交差点を左折。せっかく追いついたのに勝負なしになってしまいました。


 こういうのに意味はないんですよね。ストレートで追いついたからって……というか、公道でスピードを競ったって、なんの意味もない。それはよくわかります。信号のない高速道路ならまだしも、下道であればこうやって信号や何屋ですぐにストップするし、そんな中でスピードをむやみに出したって意味がありません。

 アルトやワゴンRの時代、それにファミリアファミ子ことマツダ・ファミリアS-ワゴンに乗っていた時代は、そういうことでしたから、基本的にはいつも安全運転。どう頑張ったって絶対的にパワー不足だったり、ロスの大きいトルコンATだったりして、初めから勝負にならないし、そもそも勝負を「しなくてもいい」車だったから。

 それでもインプレッサという車に乗るようになってからは、時々、確かめたくなるんですよね。
ホラ自然吸気で排気量も一番小さいモデルだけど、インプレッサですから。ネット上でよく遅いとか乗る意味がないとか言われていますから。それでも、自分史上最高愛車ですから。ギラギラサマーですから。
PR
かつて、とある戦場カメラマンは「こんなのニュースになりっこない」と思いながら、ありふれた日常風景をフィルムに収めていたと言います。それは非日常的な世界を追いすぎるあまり糸の切れた凧のようになりかねない自分をつなぎとめ、取り戻す作業であったと言います。
           
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
職業:
一応、給与取得者
趣味:
ドライブ・アニメ・ゲーム
自己紹介:
 岩手県に生まれ、岩手県に育ち、岩手県に住む、純粋いわてっ子です。これからも岩手に生き、岩手の人たちのために頑張っていきたいと思います。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


Designed by Pepe