忍者ブログ
 
 
おはようございます。

 平均時速80キロくらい

 いぬがみです(法定速度は60キロ)。


 おかげさまで私のスビーはすこぶる調子がよく、国道4号線は中山峠を快調に爆走しました。奥州爆走族です(構成員1名←私だけ)。

 そんな中で、当然ですが色々な車を見かけます。良い車悪い車ふつうの車。欽ドン!

 というか速い車とか普通のスピードの車とか。そういう感じでしょうかね。別に時速60キロ70キロで走るのが遅いというわけではありませんから。私だって大体そのくらいの速度で走るし、長距離を走るのであれば、そのくらいのスピードがちょうどいいですから。

 速い車というのも、いかにも速い車だと思えば納得いきます。後ろから迫ってくれば最速で道を譲るし、離れていくのであればむしろアクセルを緩めて先に行かせます。

 ただ、その一方で「どれだけ速いんだ」という気持ちで追いかけることもあります。

 別に勝ち負けは関係ないので、ある程度「こんなものか」ということがわかればすぐにスピードを緩めて先に行かせますが、そういうのを繰り返すうちに、思ったことは、

 「結局、誰でもアクセルを踏めば速い」

 だから速い。そういうことなんでしょうね。なぜなら上り坂とか直線とかではグーッと引き離されるものの、下り急カーブに差し掛かるとグーッと差が縮まるから。相手は思い切り減速するし、私は最低限のブレーキ(またはノーブレーキ)で突っ込むから。カーブも高速で切り抜けられればとても追いつけないですから、ただ直線でアクセルを踏み込んでパワーで走っているだけなんでしょう。

 こっちはしょせんNA1.5リッターですからね。たとい運転技術という言葉から最も縁遠い、ギラギラと飾り立てたミニバンだとしても、V6で3.5リッターのエンジンを積んでれば速いでしょう。軽トールワゴンだろうとターボでドーピングすれば速いでしょう。スピードを出せば気持ちいでしょう高いところから見下ろすのは気持ちいいでしょう。

 でも、私のインプレッサの方が1万倍楽しいです。急な上り坂では細かくシフトダウンして速度をキープしなきゃいけないし――たぶんハイパワーAT車に「乗せられている」人たちからしてみれば、ただただパワーがなくて面倒くさい車だと思うのですが、自分でやらなくちゃいけないことが多いから、車を運転している気になるのです。高価な車であること、綺麗な車であること、ハイパワーな車であることは事実として認めますが、もう一度言います。

 私のインプレッサの方が1万2000倍かそれ以上、「いい車」です(2割増)。


PR
おはようございます。

 欧州とか北米という言葉に弱い

 犬神です(属性:南蛮かぶれ)。


 ドライブレコーダーっていうやつを、取り付けました。

 新品タイヤ4本セット、バックモニター、エアクリーナー等々……毎月のクレジット支払いは10万越えであり、その上さらに1万円以上するドラレコなんざぁ付けている余裕はないのですが、盛岡のオートバックスが改装のための在庫一掃セールをやっていて、安かったものでね。仕方がないでしょう、と。確実に破綻者への道を歩み続けているようですが、それはともかく。

 ケンウッド製の、通常価格2万円のドラレコに半額のプライスタグが付けられているのは衝撃でしたね。1万円も安く買えるんですよ。取付工賃とかを含めてもお釣りが来ますよ(工賃5000円でした)。こりゃ~買うしかないでしょう下の方にも9800円の格安ドラレコがあるけれどそんなものには目もくれず……いや一応スペックだけ比べてみるか……うん!?

 ケンウッド:F2.0 211万画素 広角110度
 格安   :F1.8 300万画素 広角165度

 そりゃ確かにケンウッドの方がGPS機能とか何とかって付加機能がたくさんついていますけど、こと「実用」という点から考え、それ本当に必要ですか? と思われるような機能を省き、冷静に考えると――格安ドラレコの方が正しいんじゃないのか!?

 ということでオウルテック製『OWL-DR04-BK』を購入。配線の取り回しをお願いして、バックミラーのすぐ横に取り付けてもらいました。慣れるまではバックミラーを見ようとして視線がドラレコの画面に向かい「妙に明るいな」と誤解してしまう危険性があるので、よくよく気を付けなければなりません。

おはようございます。

 薫風

 いぬがみです(そのために調べた)。


 何を言っているのかわからないと思いますが、時々自分の気持ちを俳句にして読みたいと思うことがあるんですね。

 というとたぶん、皆さまの心にパッと浮かぶのは「友蔵心の俳句」だと思うんですが、アレとはまたちょっと違うんですよね。アレはアレで面白いと思うんですけどね。

 私の俳句の師匠は豊玉宗匠。ええ、元・新選組副長で陸軍奉行並の土方歳三さんです。

 まあ、決して上手な句ではない――というのが一般的な評価のようですけどね。私は俳句の上手下手を批評することができないので、「やはりそういうものかね」と首肯するしかないのですが、それでも私は土方さんの句が好きです。ご本人の性格なのか、率直でシンプルですがすがしい印象を受ける句ばかりだからです。率直すぎて、沖田君でなくても「大変だなこりゃあ」と困惑してしまうような句もありますが。

 そんな土方さんへの憧れから、下手でもいいから感じたことを俳句というツイッターよりもはるかに短いフォーマットに収めたいと考えるようになったのです。それは同時に、色々なことに感じるセンサーを磨くことでもあるから。

 というわけで一句。

 
 薫風に 揺れし萌黄と 我が紫煙

 

おはようございます。

 百万回の言葉よりも分かり合えること

 いぬがみです。


 私の弟の友人に、とてつもない金額を車にかける人がいます。具体的にどれくらいかかっているのかわかりませんが、インテグラ・タイプR(DC5)を事故で全損させ、そのローンが残っているのにもかかわらずシビック・タイプR(EK9)を現在の愛車とし、それを思いっきり飾り立てています。外側から見ただけでも、

 ・カーボンボンネット(ピン止め)
 ・カーボンミラー
 ・リアウイング
 ・カナード(前翼)
 ・追加メーターいっぱい

 って感じですから、たぶん中身もすごいことになっていることでしょう。ちなみに給料全額つぎ込み+借金までしてチューンしているそうです。私はその姿勢を心から称賛します。


 それに刺激を受けたというか。まあ昔から『頭文字D』だの『湾岸ミッドナイト』だのといった漫画を愛読し、車のゲームを何百時間もプレイし、「自分でもやってみたい」と思っていたのは変わりないのですが……。

 今回、私のスビー(スバル車のアメリカ的な愛称)、ちょっぴりだけチューンしました。すなわちエアクリーナーをHKS製の純正交換タイプにしたんです。エアクリーナー「だけ」ね。だって、私のNAインプレッサ用マフラーって、なかなか売っていないんだもの。稲田製作所のシゲさんなら1本1万円で作ってくれるかもしれませんが、大阪まで行かなきゃいけないし、そもそも直管じゃうるさくて街を走れないしなあ……。


 はい、「吸気と排気、一緒に変えなきゃ意味がない」わかります。「エアクリーナー変えたくらいじゃ何も変わらない」わかりました、わかりました。「そもそもエンジンっていうのは」……

 すべて、わかっています。たぶん車って何も手を加えないのが一番バランスが取れているんです。それに手を加えることによってバランスが崩れる。それを一段上のレベルで調整する。そうすることでバランスを取ったとしても、やはり失うものも多いでしょう。

 それでもあえて、私は手を加えました。

 やっぱり、わかりたいからです。

 何かが変わるのか。それとも本当に何も変わらないのか。

 自分のお金も時間もかけず、ネット上で誰かの言葉を読み、それをそのまま「そういうものだ」と思う。それは賢いかもしれませんがズルいと思うし、私が今まで敬愛して来た人たちへの侮辱であるような気がするのです。

 現実問題として、私はそこまで思い切ったコストをつぎ込むことはできませんが、ようやく改造しがいのある車に乗れたこともあるし。少しだけでも、少しずつでも、新しい何かを探してみたいと思います。
こんばんは。

 久々に、酔っぱらいブログ

 いぬがみです。


 こうも酔っぱらった状態で書くのもいかがなものかと思いますが、今日の話題は「山口容疑者」の話題。ええ、TOKIOのメンバーである「ぐっさん」こと山口達也さんの話題です。

 ……ううん、これは……ちょっと、つらいですね。本当につらいです。

 もとより「ぐっさん」と言えば山口智充さんのことでありますが、メンバーの皆さんが山口さんのことを「ぐっさん」と呼ぶので、まあそういう言い方もあるのかなと思いつつ……しかし……。

 本当、難しい問題ですよね。なぜならば、私はTOKIOのメンバーが全員大好きだから。『鉄腕DASH』が深夜放送だった時代、頑張って夜更かしして、ひとりずつメンバーの名前を憶えていた時代から大好きだったから。日曜ゴールデン時代になって、昔のように電車とガチ勝負! みたいな全力体力勝負みたいな企画もなくなって、三流ゴシップ誌に「メンバー同士の確執?」みたいな記事も書かれて、それでもなお「TOKIOは5人でTOKIOだから」と自分をかばいつつ今の『鉄腕DASH」を見続けて……。

 だから、たぶん、ニュートラルな判断ができないんです。

 「いやいや、確かに犯してしまった罪をすべてチャラにすることはできないけれど……それでも、やっぱり何とか……ならないかなあ」

 そういうスタンスなんですよ私は。どういう形でケジメとするのか、それがちゃんと判断できない。だから私がこの件に関して、明確なスタンスを示すことはできません。そもそもリーダーとか、そういう人たちが厳しい態度でコメントをしているので、何よりも「仲間」であるTOKIOのメンバーがどうするかっていう話だと思うのですが……単純な一ファンとしては……

 「何とかオトシマエをつけて、また今まで通りの山口さんで戻ってきてほしい」

 そういう感じです。

 色々な思いを巡らせればキリがありません。何がなんだかよくわからなくなります。その前に、あえて率直な感想を言います。私は山口達也さんが表舞台に戻ってくることに、なんの否定的な感情も持ちません。ただ、「世間的に」ですよね。「世間的に」、どうすれば「オトシマエ」になるのか。それが私には、今の世の中の「オトシマエ」がどういうものなのか、よくわからないので……。

 指でも詰めればいいんですか? 首を差し出せばいいんですか?

 そんな感じです。毎週『鉄腕DASH』を見て、見られない時は実家に頼んで録画してもらって、様々な企画を見続けていたファンのひとりとして。正直な感想を申し上げます。いつも以上に強烈に酔っぱらった勢いで書きましたが、おおむねそんな感じです。
おはようございます。

 刺激を求めて

 いぬがみです。


 最近「炭酸水」が好きです。

 ちょっと前までは「割り材をそのまま飲んでどうするの」という立ち位置でしたが、レストランで割り材に使って余ったペットボトルの炭酸水をもらって飲んだところ、妙においしく感じたんですよね。甘すぎず苦過ぎず、かといってうますぎず。まずいんじゃねーかよっ! いやそうじゃなくて。刺激がほしいけどシンプルにのどを潤したい時、すごくいいのかなって。そう思ったのです。

 と言っているとテレビのコマーシャルで各メーカーから炭酸水のCMが打ち出されているのを見ました。別に私も炭酸水ブーム? に乗じたわけではないのですが――アレですね、強炭酸ってやつは少々刺激が強すぎます。私はやはりレギュラー。とりあえずウィルキンソンが一番いいですね。

 そして、それだけ好きなら、前に盛岡市内の老舗デパートで見かけた炭酸水作り機を買ってもいいんじゃないかと少し前向きに検討しています。これもまた、以前は美容とか健康とかそんな言葉に敏感な女子向けの商品だと思って「ほう、世の中にはこんなものがあるんだなあ、面白いなあ」という感想を抱くにとどまっていたのですが。

 アレだな、ちょっとロフトにでも行ってみるかな。
こんばんは。

 私とスビー、新たなステージへ

 いぬがみです(スビー:スバル車のこと。主に北米での愛称)


 別に何かを改造したわけではありません。ただ、今まであまり踏み込まずに運転して来たインプレッサを、若干踏み込んで運転した。そういうことです。

 むろん私はいわゆる走り屋ではありません。職場には「頭文字D」でいえば文太親父クラスの腕前を持つ人がいますが(愛車はDC2インテR)、そういう技量はありません。だから「峠を攻めた」とか「走り込んだ」というのではなく、「踏み込んだ」それだけです。十分な安全マージンを確保したうえで、いつもより10キロとか15キロとか踏み込んでみる。それで十分オイシイってわけです。

 まあ、出発が遅くて先が長いので、早く帰りたくて、そうしたんですけどね。かつて土屋圭市さんも長野で走り込んでいた時代は「早く帰って寝たいから」速いスピードで走るようになったといいますし。そういうことです。

 そして今日の話題は、そんな帰り道の途中で立ち寄ったファミレスのこと。『湾岸ミッドナイト C1ランナー』ふうに言えば『ファミめし』です。


 いいですね、ファミレス。今まではあまり立ち寄ることはなかったのですが、ほかに深夜帯に食事ができる場所がないし。それなりにコストはかかりますが、標準以上のおいしさが得られるし。何より『湾岸ミッドナイト』で良く出てくるし(食事ではなくコーヒーを飲みながら、ポルシェとGT-Rの話をするシーンが多いですが)。

 昼間であればほかにいろいろな選択肢があるし、たぶん寄らないと思うのですが、こういう深夜のファミレス。いいものです。
おはようございます。

 久々に東京観光してきました

 いぬがみです(With嫁)。


 そのあたりの旅行記はいずれ別な形でまとめていこうと思いますが、今日は[suica」について。

 網の目のように路線が張り巡らされた東京であれば「何をいまさら」という話でしょうが、自動改札さえ完全ではない東北地方の路線――さらに言えば、そもそも電車が走っていない土地に住まう私にとってSuicaというのは「ああ、何やらそういうものがあるんだなあ」という程度の認識しかありませんでした。

 一応それ自体は持っているんですけどね。しばらく前にゆうちょ銀行のキャッシュカードを作った時、特にデメリットもなさそうだったのでSuica機能を付けてもらって。コンビニやら何やらで利用することができるので、使おうと思えば使えるような気もするのですが、どちらかというと使えない場面の方が多いので……。

 要するに田舎なんです田舎。カントリーサイド。なんとでも言ってください。


 それを認めたうえで、申し上げます。

 Suicaって、スゲー便利ですね。

 特に私のように路線を良く知らない人間にとっては、チャージさえしておけば何も考えずに乗りたいところから乗り降りたいところから降りることができるから、戸惑うこともありません。そして今年の4月からは新幹線でもSuicaが使えるようになったということで、時間的に非常に厳しいことがあったのもあり、新幹線の改札もスルー。上野から大宮に行き、上野をスルーした新幹線に飛び乗り帰り着くことができました。

 (注:Suicaで行ける路線には制限があります。また全席指定席の列車にSuicaで乗車することはできません。事前にそのあたりのことを確認してご利用ください。そうでないと私のように精算所で色々面倒な後処理をしなければなりません)


 そして現在、私のSuicaには上野盛岡間の新幹線代(15k)がチャージされています。これからしばらくはキャッシュレス生活です。決して普及しているとは言えない田舎町で、どうやって活用していくのか? せっかくなのでそのあたりのことをレビューしていきたいと思います。
おはようございます。

 今日は積雪

 いぬがみです(3月末にタイヤ交換済み)。


 先月末ジェームスで激安タイヤ(グッドイヤー製)を購入。その際に交換用ホイールのサイズを1インチ間違えていたため、その時に履いていた冬タイヤを廃棄、入れ替わりに夏タイヤを履いてしまったのでね。こうも雪が積もってしまうと、非常に不安であります。何せ冬タイヤに戻そうったって冬タイヤがないんですから。

 まあ慎重に行くしかないですわな。できるだけ大きい道路を通って、安全第一で。

 それに、なかなかの悪条件で雪道を走ったことも、何度かありますし。

 夏タイヤで八甲田酸ヶ湯の雪道を走ったり、12年落ちのスタッドレスタイヤで超絶吹雪の八甲田を走ったり。ええ、どっちも冬の八甲田です。

 前者は言うまでもありません。とにかく曲がらないし止まらない。20キロ以下まで減速してようやく緩やかに舵が切れる――そんな感じです。ファミリアファミ子の高性能(実用本位)4WDシステムのおかげでしょう。

 後者は、以前ブログに書いた通りです。インプレッサという車の素性と、僭越ながら私の経験値で何とか切り抜けたという感じです。

 ただ、どちらにしても「安全に走り切る」ことを第一目的としていたため、非常につかれました。あまり、こんな体験はしたくありません。何とか雪が、早いところ溶けてくれることを願います。
おはようございます。

 7年

 いぬがみです。




 1年に1度の沿岸南部への旅。復興支援の名目で暴飲暴食の旅です。

 今年は何かと大きな買い物をしてしまったので、あまり派手に買い物をすることはできませんでしたが、実際に行ってみて良かったと思うことはたくさんありました。

 大槌町も、釜石市も、陸前高田市も。この1年で、目に見える形で復興が進んでいるな! というか、「こうなっちゃったんだ! スゲー!」と思うような変化があったように思いました。

 陸前高田市は、そう新商業施設「アバッセ高田」のオープンです。といっても、もうすぐオープンして1年になりますけどね。去年訪れた時は「もうすぐオープンしますよ」っていう時期だったので。今回初めて行ってみたのですが、うん明るくて広くて、すごくきれいな建物だと思います。同じ建物には図書館もあるし、同じ敷地にはスーパーマーケットとかドラッグストアとかもあるし。周辺も綺麗になって、ここから新しい商業地がスタートするのかな。そういうイメージです。


 そうなると、震災の影響を受けて壊滅し、私のような外部の人間に津波の恐ろしさを示し続けてきた建物も、いずれは解体とかをしなければいけないのかな。そんな気もしています。


 かつての道の駅陸前高田「タピック45」跡地の周辺は全力工事中でした。新しい国道が海岸をぐるっと迂回して開通しようとしていたんですね。そのため津波到達位置を示し続けた看板を擁するオカモトセルフさんは思い切り内側に切りこんだところに取り残されていました。てっきり、もう解体が始まっているのかと思ったら、まだやっているみたいです。

 旧大槌町役場もそうですけど、新しい街づくりをするとき、「震災遺構」をどんなふうに残せばいいのか? というのは心情的な部分を脇に置いて考えなければいけないのかもしれませんね。「遺してほしい」「遺してほしくない」という想いはどちらも尊重されるべきだと思いますが、一方でね。現実問題として、物理的に遺すのか、それとも……と。

 まあ、どちらにしても、犬神は震災のことを一日も忘れたことはありません。

 そして、来るたびに思うのです。

 やはり今を生きている人しか、未来を生きていくことはできないのだと。

 私も含めてね。


 私はただ沿岸の街が好きなだけで、特に縁もゆかりもあるわけではありません。

 だから、「勝手に」背負わせていただきます。あくまで身勝手な想像です。

 でも、いいでしょう。

 また来年、来ますから。
かつて、とある戦場カメラマンは「こんなのニュースになりっこない」と思いながら、ありふれた日常風景をフィルムに収めていたと言います。それは非日常的な世界を追いすぎるあまり糸の切れた凧のようになりかねない自分をつなぎとめ、取り戻す作業であったと言います。
           
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
いぬがみ
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/07/04
職業:
一応、給与取得者
趣味:
ドライブ・アニメ・ゲーム
自己紹介:
 岩手県に生まれ、岩手県に育ち、岩手県に住む、純粋いわてっ子です。これからも岩手に生き、岩手の人たちのために頑張っていきたいと思います。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


Designed by Pepe